バンクイックで既に契約済みでこれから増枠したいです

2か月前にバンクイックを申込んで既に契約済みなのですが、1度利用し返済を終えたばかりです。借入金額は1万円でしたので、2カ月で返済を終えることができました。今の利用限度額は10万円なのですが、次に借りる時は可能なら20万円借りたいんです。それで増枠してもらいたいなあと思っているのですが、増枠ってしてもらえるんでしょうか?

可能性はゼロではありませんが、もう少し実績が必要になるでしょう

バンクイックに直接電話をして、増枠申請をすることができます。しかし、質問者さんの今の状況での増枠は難しいかもしれません。少なくとも契約から半年、又は1年の実績が必要になるでしょう。

バンクイックは銀行カードローンですから、簡単に増枠をしてくれないのが現状です。銀行は審査がある程度厳しいですし、増枠審査も例外ではありません。増枠審査で見られる一つの点が、今までの返済実績です。

返済期日をしっかり守って返済したか、返済遅延や滞納はなかったか等、返済実績を鑑みられることになります。半年から1年間返済実績を保てば、増枠審査通過になる可能性が大きくなりますので、私のおすすめはもう少し実績を積むことですね。

カードローン会社側の立場で考えるとよく分かると思います。お金を貸して返済してもらえば、利息が利益となりますので、より多くの方に貸すことで利益アップを狙うことができるわけです。しかし、返済能力が低い人に貸してしまえば、リスクが高くなるのも確かです。

返済滞納となれば、カードローン会社は損失を被ることになります。例えば、10万円を金利10.0%で貸したとしましょう。1年後に返してもらうと、利益は利息額の1万円。プラス1万円となりますね。しかし、返済してもらえなかったとしたらどうでしょうか。プラスどころか-10万円ですから、これは大損失ですよね。

ですから、確実に返済してくれる人にお金を貸したいというのが銀行やカードローン会社の本音です。増枠に関しても、確実に返済してくれる人にたくさん貸したいというのが銀行側の思惑ですから、やはり返済実績が必要となるのです。

質問者さんの場合は後4カ月で半年経過ですから、もう少しの辛抱、半年経ったら増枠申請してみるのは如何でしょうか。

魅力いっぱいのバンクイック!増枠するにはどうしたらいいの?

ローンに詳しい人なら三菱東京UFJのカードローン、バンクイックをご存じない人はいないのではないかと思います。バンクイックは金利4.6%から14.6%が基本で、最大借入額は500万円となっています。またバンクイックとはおそらくバンク(銀行)とクイック(早い)を掛け合わせた造語だと思われますが、その名の通り審査が早いのが特徴です。大手都市銀行のカードローンはその他のカードローンとはどうちがうのでしょうか。

まずなにより最大の違いは消費者金融の借入が総量規制の対象になるのに対し、銀行のカードローンは対象外です。総量規制とは借入限度額に関する法律で年収の1/3までしか借入できないことになっています。しかし、バンクイックの場合は銀行のカードローンですので総量規制の対象となりません。ここでよくみなさんが勘違いしているのは銀行系のカードローンと銀行のカードローンは違うということです。たとえばアコムは三菱東京UFJ銀行の傘下に入っていて、三菱東京UFJグループとうたっていますが決して銀行のカードローンではありません。

では総量規制のないバンクイックで借入した場合いくらまで借入できるのでしょうか。いくら総量規制は関係ないといっても無制限に借入すれば返済ができないということになりかねません。ですので、一応限度額は年収の1/3を目安に行っているようですが属性によってはそれより多い借入も可能だと思われます。またバンクイックの増枠はどうしたら可能なのでしょうか。基本的にカードローンを利用する場合、初回の借入額は最低限に抑えられています。これはまだ利用者がきちんと返済してくれるかどうかわからないのでリスクを避けるために低めに設定しているのです。しかし、半年程度遅れなく返済を続ければ増枠してくれると思います。

他の金融機関もそうですが通常増枠を希望する場合、再審査があります。再審査に問題なく通れば増額は難しいことではありません。バンクイックに興味のある人はまずはホームページで手軽にできる借入診断や返済シュミレーションを利用してみましょう。借入診断はいろいろ参考になりますし、返済シュミレーションは毎月の返済額を教えてくれます。事前に具体的な金額を確認して、返済計画を立てることで返済時のトラブルを最小限にすることができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 カードローン審査が甘い会社をお探しならココ【借りやすい会社ナビ】 All Rights Reserved.