キャッシング・カードローンで分割返済はできますか?

現金を融資してくれる貸金業者ってありますよね。消費者金融とかキャッシング会社とか。そういう会社でお金を借りて返済する時、分割返済ってできます?少額ローンとはいえ、一括払いだと厳しいので、できれば分割返済したいんですよね。教えて下さい。

キャッシングやカードローンは分割返済が一般的ですよ

ご安心ください。個人向け融資のキャッシングやカードローンは、基本的に分割払いが主な返済方法となっています。ご存知かもしれませんが、キャッシング返済には必ず金利がかかりまして、金利に基づいて支払利息が算出されます。その利息も日払い計算で計算されますから、分割払いで大きな損失を被るということはありません。

しかし、キャッシング金利や返済方法の都合上、返済期間が長ければ長いほど支払利息も高くなるという構造になっています。ですから、分割払いに安心する前に、何らかの対策を立てて返済する方がお得になるということを頭に入れておきましょう。

例えばですが、手元に余裕資金が発生した場合、繰上返済すると支払利息額をトータルで減らすことができますので、お得です。毎月15日が返済日、返済額が5000円だとしましょう。月初めに1万円の余裕資金が生まれたので、15日までに1万5千円を返済すればそれだけ借入残高を減らすことになり、支払利息額少なくて済むのです。

また、返す当てがある場合に限りキャッシングすることも重要です。返す当てがないのに借入してしまっては借金が残り、最悪返済滞納となる可能性があります。滞納となればもしかしたら債務整理などの法的処置を施して借金に肩を付ける必要が生じるかもしれず、そうなるとその後の生活に不便が生じるのは言うまでもありません。

返済の当てがある時に借入すること。また、分割払いに依存せず、手元に資金があるなら一括払いで借金完済することも重要です。くどいですが、キャッシング・カードローンは、早期返済がお得です。そのことを肝に銘じて利用することにしましょう。

案外知らない金融用語!ローンと分割の違いってなに?

金融用語にあまり詳しくないと普段私たちが何気なく利用いている言葉もよく意味を理解しないまま利用していることになります。たとえばローンと分割の違いというのはわかりますか。なんとなくわかるという人が大多数だと思いますが、きちんと説明しろと言われるとしどろもどろになってしまう人もいると思います。もしあなたが近い将来住宅ローンやマイカーローンを組んだり、キャッシングを利用したりする予定があるのならこれらの言葉の意味をきちんと理解しておいた方がいいかもしれません。

まずローンですがローンとは金融機関から融資をうけることです。高額な商品を購入するときにはまとまったお金がない人はこのローンを利用することによって商品を購入することができます。たとえば家や車を買いたいと思ってもそのような大金が貯まるのを待っていたら購入できる頃には生きていないかもしれません。誰でも欲しいものを欲しい時に手に入れられるように、ローンを利用してお金を返しながら商品を使用することができるというのがメリットなのです。

一方で分割とはローンを組んだ場合にその返済を何回かに分けて行うことを指します。分割の回数は多くの場合自分で選ぶことができます。ブランドのバッグなんかでしたら5回ぐらいの分割で支払いますし、住宅ローンを組んだ場合は360回の分割、約30年にわたって支払うことになります。ローンを組むということは先に商品を購入してそれを分割で返済していくということです。借入先は銀行やキャッシング会社などの金融機関、あるいはクレジットカードを利用する場合は信販会社ということになります。注意してほしいのは分割で支払う先は決して商品を購入した店ではないということです。ローンを組む場合は金融機関がいったんあなたに代わって商品の購入代金を一括で店に支払ってくれます。そして、あなたは金融機関に分割で返済するのです。

ローンがないとこんなに大変!
もし店に直接分割で支払うことになれば店側は商品の代金を全額回収するまでに時間がかかります。家を購入した場合などは数10年かかります。これでは利益は回収できませんし、新しい家を建設する資金もありません。そのようなことにならないために金融機関が信販会社が購入者に代わってまず全額支払ってくれるのです。ローンを組むことのできる借入先がなければ一般的な生活水準の私たちは一生家や車を買うことはできないでしょうね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 カードローン審査が甘い会社をお探しならココ【借りやすい会社ナビ】 All Rights Reserved.