モビットでのキャッシング返済って銀行ATMでできるの?

消費者金融のモビットでキャッシングしようと考えているんだけど、モビットは銀行ATMで返済できるの?近くに返済できる場所がないと不便でしょ。だから返済場所が気になるんですよ、モビットの返済場所を教えてくれます?

銀行ATMでの返済、もちろんできます!

モビットでキャッシングした場合、以下の3通りの方法で返済できます。

◆提携銀行ATM
モビットは、セブン銀行やイオン銀行と提携していますから、それら銀行ATMで返済が可能です。また、ファミリーマートやローソンとも提携していますので、それらコンビニでも返済可能です。

◆三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方は、その口座から自動引落しで返済ができます。返済日をうっかり忘れてしまうことってあるのですが、口座引落しならその心配はありません。モビットは返済日お知らせメールサービスがないので、自動引落し返済方法はかなり有効です。

◆銀行振込
モビットの指定銀行口座に銀行窓口から返済する方法となりますが、振込手数料がかかるので理由がなければこの方法は利用しなくてよいかも。

以上のように返済できる方法が幾つかありますから、自分の都合や住んでいる環境に応じて返済方法を選べばOKですね。

また、返済方法の選択は重要ですが、それよりも返済計画を確実に実行することがさらに重要です。返済を怠れば返済遅延や返済滞納扱いとなり、信用情報にキズが付いてしまいます。そうなると、新たなキャッシングができなくなるだけでなく、新規ローンを組むことやクレジットカード作成が不可となります。

生活をよりよくするために借りたはずのキャッシングで、自分の首を絞めてしまっては本末転倒。確実な返済を心がけましょう。

モビットなら銀行の口座引き落としが手数料無料!

近年人気が高まり、利用者数を増やしている消費者金融のモビット。消費者金融を利用したことがない人でもテレビコマーシャルなどでその社名を耳にしたことはあるはずです。モビットといえば銀行系というイメージが強いのですが確かにその歴史は銀行と深いかかわりがあるのです。モビットなら銀行系だから安全だ、安心できる、そのような理由で借入を決める人も少なくないはずです。そもそもモビットは三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行の共同出資のもとで経営が成り立っていました。50%づつの出資だったにも関わらず、モビットのATMには三菱東京UFJ銀行と書かれ、赤がイメージカラーとなったわけです。しかし、その後合併を解消し、三井住友銀行が事実上モビットの保証業務を引き継ぎ、三井住友グループとなりましたがイメージカラーの赤はそのまま引き継がれました。

口座振替が便利でお得!
銀行系モビットのメリットは三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行に口座を持っている場合、楽々口座振替ができるという点です。キャッシングの返済方法はいろいろありますが多くの人が口座引き落としを利用しています。口座振替、口座引き落としを利用すれば返済日を忘れることはありませんし、また振り込みや入金する手間が省けます。三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座を持っている人はモビットを利用するのが手っ取り早いかもしれません。

モビットの返済方法は他にもコンビニ支払い、ネットバンキング、ATMなどがあります。提携している金融機関は驚くほど多いのですがATMを利用する場合は手数料がかかります。利用額が1万円以下の場合は手数料は105円、1万円以上の場合は210円かかることになります。キャッシングを利用する人の多くがお金に困っているわけですから少額の手数料でさえもできれば避けたいというのが本音です。

また期日までに返済ができなかったらどうなるのでしょうか。これはモビットに限らずまずはコールセンターに連絡をしましょう。おそらくこちらから連絡をとらなければすぐにもビットから電話がくると思います。一番避けたいのは音信不通になること。もし返済のめどが立たないようであれば相談して返済期日を延ばしてもらうことができます。ただし、その場合は遅延金かかることになります。それでも返済が難しければ返済プランの見直しを相談するしかありません。毎月の返済額を減らすことも可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 カードローン審査が甘い会社をお探しならココ【借りやすい会社ナビ】 All Rights Reserved.