銀行の子会社から現金を借入れるメリットって何かあるの?

カードローンを使ってお金を借りようと思っているだけど、銀行のカードローンが評判が良いので銀行カードローンに申込もうと思っています。ただ、ちょっと気になるのが銀行の子会社のカードローンなんすよ。‘銀行系’とも呼ばれているようですが、銀行系カードローンにはどんなメリットがあるの?

一番のメリットは‘安心感’とともに利用できる点ですよ!

銀行系カードローンは銀行が直接運営するカードローンではないものの、銀行が親会社のカードローン会社または銀行傘下のカードローンですから、銀行のバックアップ体制がしっかりしています。ですから、財政面や運営面で安心感があるのが、銀行系カードローンの大きなメリットなんです。

バックアップ体制がしっかりしていると、付加的メリットも期待できますよ。例えば、サービスがかなり充実しているのが一般的です。

カードローン各社のHPや会員専用ページを見ればわかりますが、‘かゆいところに手が届く’的なサービスが沢山用意されています。例えば、返済日お知らせメールなんかはかなり役に立つサービスですよ。

カードローン利用に慣れると、ついうっかり返済日を忘れてしまうなんてことがあるのですが、返済日が近づくとメールで教えてくれるのは、かなり便利ですし助かります。そうしたサービスが充実しているのが、銀行系カードローンのメリットの一つでしょう。

ただし、デメリットがあることもお忘れなく。銀行系はあくまでも銀行系。銀行が運営するカードローンではないので、総量規制の対象となります。ですから、年収の1/3までしか借入することができません。また、専業主婦の借入に関してはけっこう面倒なことに。簡単に言えば、夫の同意書と収入証明書がないと借入は基本的に不可となります。

銀行系は安心して利用できるカードローンですが、銀行カードローンとはちょっと違うということを覚えておきましょう。

カードローン借入、審査と金利面で銀行の子会社が狙い目って本当!?

「サラリーマン」という言葉が誕生したのは意外に古く、約百年前の大正時代といわれています。以降、戦後になって「脱サラ」や「サラ金」といった言葉が出てきました。サラ金と呼ばれるサービスは高度成長期時代、小口の個人融資として盛んになってきました。やがて消費者金融と呼ばれるようになります。

実はこの小口融資を商う消費者金融は現在、減少傾向にあります。その背景には不況や競争過多、またはネットなどを通じて利用者の選択の幅が増え、不用意な利用が招く危険が周知されてきた、などが挙げられます。もう一つには、テレビCM規制があります。2000年に入って多重債務や自己破産の問題が表面化するとともに、消費者金融のテレビCMは深夜~早朝に限られる、などさまざまな制約が課せられるようになりました。これは貸金業法の改正によるもの。一方、銀行法で規制される銀行はその点、規制に含まれません。

消費者金融に負けず劣らず、銀行も、バブル以降は大きな変動の波にもまれています。新たなサービスは常に模索され、こうした両者の意向により、消費者金融と似たカードローンサービスを行うようになりました。場合によっては子会社がそれを行ったり、大手の金融会社を子会社化しています。
では利用者側にとって、この銀行系の融資サービスにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

一つは、消費者金融に比べて安心感があります。一時期の再編時期をくぐり抜け、メガバンクもそれに次ぐ規模の銀行も安定傾向です。ローンでキャッシングしたのはいいけど、貸した会社が破産して、他の会社に債権が移り、紳士的でない取り立てをされたり、契約した返済内容が変わったりという事態は避けたいもの。やはり信頼性が重視されます。

もう一つは、比較的低金利であるということです。それは一つには銀行系のサービスでは審査が厳しいという借りにくさと裏腹なのですが、審査に通れば、利息は安い方がいいに決まっています。さきほどの規制に関していえば割と最近、業者に適用されるようになった総量規制、借入限度額が収入の1/3とするこの規制も、銀行系のローンには課せられません。

もし、今日いますぐ融資が必要、というほど切迫していないのであれば、自分が借りる先がどういう会社かを調べてみることをお勧めします。融資するのは銀行本体か、その子会社か、あるいは通常の消費者金融か、という点をとくに注目します。銀行子会社は、消費者金融の審査の通りやすさと銀行の低金利を併せ持っている、と一般的には考えられており、条件によってはそれにかなう場合もあります。ただ、銀行のグループ化であってもあくまで貸金業法で規制される消費者金融も多いので、注意が必要です。

利用者の借入れ、返済状況は基本的には一つのデータベースに記録されます(正確には3つある個人信用機関のいずれかに登録されます)。銀行系でも通常の消費者金融でも、審査の際にそのデータを照会します。現在、銀行カードローンの審査に通らなくても、比較的通りやすい消費者金融や銀行「系」から借り入れ、延滞のない完済を重ねて信用を積み、銀行本体を狙うという考え方もできます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 カードローン審査が甘い会社をお探しならココ【借りやすい会社ナビ】 All Rights Reserved.